おでこ 薄毛 対策

前頭部からの薄毛とその原因について

おでこが徐々に広がってしまう前頭部からの薄毛。
前髪をおろして隠そうとしても一度進行し出した薄毛はどんどん進行するのが普通です。
どんどん前髪を長くする必要があるので、一定の長さを超えると前髪で隠すことが不自然になってしまいます。

 

この前頭部の薄毛にはどのような原因があるのでしょうか?

 

前頭部の薄毛の原因にはDHT(ジヒドロテストステロン)という悪玉ホルモンが深く関わっています。

 

もともと人間の頭部でも前頭部や側頭部の毛乳頭に多く存在する2型5αリダクターゼという還元酵素が男性ホルモンの一種であるテストステロンと結合し、生成されるのがDHT(ジヒドロテストステロン)です。

 

このDHTが毛乳頭細胞の受容体と結合してしまうと毛乳頭に脱毛指令が出されてしまい、髪を作らなくなってしまうのです。
こうして、2型5αリダクターゼが多く存在する前頭部や側頭部はどんどん薄毛が進行してしまいます。

 

では具体的にこの前頭部の薄毛を食い止めるにはどうしたらいいのでしょうか?

 

 

前頭部の薄毛を食い止める方法

 

前頭部の薄毛を食い止めるために必要なことは

 

DHTの生成を抑えること!

 

これに尽きます。

 

DHTの生成を抑えるためには男性ホルモンのテストステロンか還元酵素の5αリダクターゼを抑制する必要がありますが、もともとの男性ホルモンを抑えることは難しいため5αリダクターゼを抑えることになります。

 

実はこの5αリダクターゼは遺伝性があり、親が5αリダクターゼをたくさん保有している場合優性遺伝でその子も多く保有することが分かっています。
薄毛が遺伝する、という説はここからきたのかもしれませんね。

 

前頭部の薄毛の場合、5αリダクターゼでも2型をより強く抑えこむことが必要になります。

 

5αリダクターゼは1型と2型があり、1型は主に皮脂腺に多く存在し2型は前頭部や側頭部の毛乳頭に多く存在しています。

 

1型の場合は皮脂腺に多く存在するので頭皮がオイリーな人に多く、2型は毛乳頭に存在するため薄毛の直接原因になりかねません。
気をつけたいのが1型と2型では抑えこむ成分が違うこと。

 

前頭部の薄毛が気になるなら2型5αリダクターゼを抑えこむ成分を効率よく摂取しなければいけません。

 

1型5αリダクターゼを抑える成分・・ノコギリヤシエキス・亜鉛・アゼライン酸

 

2型5αリダクターゼを抑える成分・・ノコギリヤシエキス・フィナステリド・アロエエキス

 

 

しかし日々の食生活でノコギリヤシエキスを摂取しようと思ってもちょっと難しいですよね。
食事のバランスすら考えていられないのに、特化した成分を摂取と言われても限りなく不可能に近いはずです。

 

そんな時は育毛サプリメントの摂取で効率よく必要成分を摂取することが可能になります。

 

髪の成長に必要な成分をピンポイントで摂取することで効率よく薄毛対策ができるのです。

 

 

育毛サプリメントで効率よく薄毛対策をしよう!

 

育毛と聞くと育毛剤、といえるほど育毛剤は世の中に浸透してきましたが、薄毛対策においては育毛剤だけでは効率がいいとは言えません。

 

人間の毛髪は血流によって運ばれる酸素と栄養がなければ成長することができませんが、この栄養のほとんどを食物から摂取しています。
一旦口から入った栄養素は内臓などの重要器官へまず送られ、余剰分を爪や頭髪などの末端組織へと送ります。

 

そのため末端組織である毛髪までしっかり送り込めるだけの栄養素を日々摂取しないと毛髪は成長できなくなってしまいます。

 

さらに口から摂取した栄養分を血流に乗せなければ意味がないので、血行促進も必要になってきます。

 

しかし現代社会でも特に仕事に忙しい年代のあなたが日々の食事のバランスを考えるのも難しい話ですよね?
仕事上のつきあいもあるでしょうし、コンビニ弁当の日だってあるでしょう。

 

髪にとって食事は命綱とも言えるほど大切なものにも関わらず、ついおろそかになってしまいがちなのが現状ではないでしょうか?
だからこそ髪の成長に必要な栄養素を育毛サプリメントから摂取することで、身体の内側からしっかりと栄養を補うことができ薄毛対策を行うことができるのです。

 

育毛剤と育毛サプリメントを併用することで内と外から効率的に薄毛対策ができるのでおすすめの方法です。

 

薄毛対策に効果的な育毛剤はこちら