女性の薄毛と原因について

女性の薄毛と原因について

女性の薄毛は男性の薄毛とは違い、局所的に薄くなることがなく全体的に薄くなっていくことがほとんどです。
そのため薄毛になっていく過程に気がつくことが少なく、ひどくなってから慌てることが多いのが実情です。

 

これは女性の薄毛が男性の薄毛のように男性ホルモンが関与して起こるのではなく、外的要因やストレスなどと深く関わりがあるためです。

 

ではこの女性の薄毛はなぜ起こり、どんな種類があるのでしょうか?

 

粃糠性脱毛症(ひこうせいだつもうしょう)

 

シャンプーの回数が多かったり洗浄力の強すぎるシャンプーを行っていると頭皮が極端に乾燥し、かさぶた状のフケが出やすくなります。
大量発生したフケは毛穴を塞ぎ、老廃物が排出されにくくなりやがて炎症を起こし始めます。

 

こうして起こるのが粃糠性脱毛症です。

 

脂漏性脱毛症(しろうせいだつもうしょう)

 

シャンプーの間隔があいたり、シャンプーがすすぎきれていなかったりすると頭皮から皮脂が大量に分泌されます。
この皮脂が毛穴を塞ぐことで起きるのが脂漏性脱毛症です。

 

目で見て毛穴が赤く炎症を起こしているのが分かるほどの症状が出る場合もあります。

 

牽引性脱毛症(けんいんせいだつもうしょう)

 

毎日同じ場所で髪を束ねている、など同じ部分を強い力で引っ張り続けた時に起こるのが牽引性脱毛症です。
長期間同じ場所を引っ張り続けることで頭皮に負担がかかりそこから毛髪が抜け始めます。

 

時には違う場所で束ねたり、頭皮に負担がかからない程度の力で束ねることで回避できます。

 

ストレス

 

ストレスを継続的に受け続けると自律神経やホルモンバランスが乱れ血行不良に陥ります。
毛根への栄養は血流によって運ばれるため、血行が滞ると毛髪は成長することができなくなりどんどん痩せていきます。

 

パーマやカラーのしすぎ

 

頻繁にパーマやカラーをしすぎるのも頭皮に負担がかかります。
パーマやカラーによる化学反応でキューティクルは破壊され、艶がなくなるばかりか毛髪自体も細くなっていきます。

 

頻度を減らしてきちんとケアすることでダメージはある程度回避できます。

 

ホルモンバランスの乱れ

 

ストレスを受けてもホルモンバランスは乱れますが、出産や閉経などでホルモンバランスが乱れた場合も薄毛を引き起こすことがあります。
減少した女性ホルモンに代わって優位に立つのは男性ホルモン。
特に閉経後の女性は男性ホルモンが優位になりやすく、薄毛を引き起こしやすくなっています。

 

まれに起こる女性のAGAは閉経後の場合がほとんどです。

 

 

女性の薄毛を改善させるには?

 

女性の薄毛を改善させるには育毛剤がおすすめです。
最近では女性用育毛剤も数多く販売されていて、塗布した時の刺激が少ないものや無香料のものも少なくありません。

 

育毛剤と聞くと気後れするかもしれませんが、頭皮ケアの一貫として頭皮にも化粧水をつけると考えればOKです。
だから男性のように医薬品レベルの育毛剤は不必要。

 

育毛剤は使い始めてすぐに効果が出るものではなく、効果を実感できるまで数ヶ月〜半年はかかると思っておきましょう。
そのため使い続けられる価格帯・成分のものでないと途中で挫折してしまう可能性もあります。

 

できれば頭皮に優しい天然成分の育毛剤がおすすめです。

 

薄毛対策に効果的な育毛剤はこちら