分け目 薄毛 対策

分け目からの薄毛とその原因について

特に女性の薄毛の悩みで多いのが分け目の薄毛。
髪が長いとどうしても分け目ができてしまうため、その部分の薄毛が気になってしまいます。
この分け目の薄毛の原因は何なのでしょうか?

 

女性は分け目だけに限らず薄毛という状態になると髪全体が薄く細くなりがちです。
男性のように局所的に薄くならないため、自分では気が付きにくいのが特徴。
担当の美容師さんに指摘されて始めて気がつくということも稀ではありません。

 

そのため分け目が薄く感じたならば、毛髪全体が薄くなっている可能性が高いです。
女性は加齢とともに女性ホルモンが減少してしまうので、年を追うごとに髪は細く薄くなってしまいます。
しかし日々、徐々に薄くなっていくため自分では気が付きにくいのです。

 

男性のようなハゲ方はしないものの、分け目が薄く感じたなら今すぐに薄毛対策を始めましょう。
放っておいても自然に改善することはありません。
加齢とともに今後はどんどん薄くなるだけなので早めの対策が必要です。

 

 

分け目の薄毛の原因とは?

 

分け目の薄毛が気になる理由は自分では気がついていない髪全体の薄毛化ということは前述しましたが、それではこの薄毛を改善する方法はあるのでしょうか?

 

毛髪が全体的に細くなってしまうのは女性ホルモンの減少もさることながらいくつかの原因が考えられます。

 

頭皮の血行不良

 

頭皮が血行不良に陥ると血流に乗って毛根へ運ばれるべき栄養素や酸素が欠乏するため、髪は栄養不足になります。
野菜の栽培と同じで栄養が足りないとひょろひょろした細い髪になってしまい、やがて髪を保持することすら難しくなってしまい抜け落ちてしまいます。

 

頭皮の血行不良は特に視力が悪かったり目を酷使することが多い人によく見受けられ、指の腹で頭皮を動かしてもほとんど動かない場合が多いです。
健康な人の頭皮はかつらのようによく動き、ほどよい弾力がありますが頭皮の血行が悪い人は頭皮が頭蓋骨に張り付いたように固く、ほとんど動かないのが特徴です。

 

過度なダイエットによる栄養不足

 

極端なダイエットなどで必要な栄養素が足りなくなると薄毛を誘引してしまいます。

 

人間は食物を口から摂取することで身体の維持に必要な栄養素をとっていますが、食物が少なくなると当然栄養素も不足してしまいます。

 

一旦口から入った栄養素は内臓などの身体の中でも特に重要な器官へまわされ、髪や爪などの末端器官へは栄養素が余った時だけ送られるシステムになっています。
ダイエットなどで栄養素が不足してくるとまず削られるのが末端器官への栄養。

 

内臓などは生命維持のため必要な器官なので少ない栄養素はそこへすべてまわされてしまうのです。

 

ダイエットを行っても美しさを保つ必要最低限の栄養素はとらなくてはいけないということですね。

 

髪をいつも結んでいる

 

分け目の薄毛が気になる場合に多いのが常に髪を結んでいて同じ箇所に負荷がかかっている場合です。
特に分け目の部分の毛髪や頭皮が常に引っ張られていることが原因で起こる薄毛を指して牽引性脱毛症と呼ばれています。

 

普段から同じ箇所で髪を結んでいる場合は時々は頭皮や髪を休ませることを意識して髪を結ばない日を作ったり、結んでもややゆるめに結ぶことで症状は改善されることもあります。

 

 

これらのほか、強いストレスを受けたりパーマやカラーを頻繁に行ったりすることも薄毛の原因になり得ます。
さらに加齢とともに女性ホルモンが減少し男性ホルモンが優位になることでAGA(男性型脱毛症)に近い症状が出る女性も出てきます。

 

女性の薄毛は男性の薄毛と違い局所的ではないため気がつくのが遅れがちですが、日頃から抜け毛の状態は注意しておくことで早めの対策を立てることが可能になります。

 

 

分け目の薄毛を改善させるには?

 

分け目に限らず女性でも薄毛を改善させる方法は育毛剤が有効です。

 

薄毛対策に効果的な育毛剤はこちら