薄毛 対策 頭頂部

頭頂部からの薄毛とその原因について

頭のてっぺんが薄くなるつむじハゲは普段自分では見えない場所だけに気が付きにくい薄毛でもあります。
友人や担当の美容師さんに言われてドキッとした、なんてことのないよう日々のチェックは入念に行いましょう。

 

ではこの一見気が付きにくいつむじハゲの原因は何なのでしょうか?

 

AGA(男性型脱毛症)

 

頭頂部の薄毛の約95%はAGAとも言われていて、DHT(ジヒドロテストステロン)という悪玉ホルモンが原因です。

 

頭皮に多く存在する還元酵素の5αリダクターゼが男性ホルモンのテストステロンと結合することでDHTが生成されます。
このDHTが毛乳頭細胞に脱毛指令を出すため抜け毛が増え、薄毛へと移行していくのです。

 

5αリダクターゼは2種類存在していて特に2型5αリダクターゼは頭頂部や前頭部の毛乳頭に多く存在しています。
AGAでも特に薄くなりやすい部位だけに一番気をつけたい原因です。

 

頭皮の血行不良

 

頭皮の血行不良と言われてもピンと来ないかもしれませんが、多いのは視力が悪かったり目を酷使する職業や趣味の人は頭皮が頭蓋骨に張り付いたかのように固く動かない状態になっていることが多いです。

 

この状態が頭皮の血行が悪い状態で、頭皮の血行が悪いと毛根へ届けられるべき栄養素が届かなくなってしまい毛髪は成長することができなくなってしまいます。

 

育毛剤などで血行を改善することができます。

 

栄養不足

 

外食やコンビニ弁当が続くと人間の身体を維持する栄養素が不足し始め、爪や髪などの末端組織へ送られるべき栄養素が送られなくなってしまいます。

 

基本的に人間が口から摂取した栄養素はまず重要な内臓などの器官へ送られ余剰分が末端組織へと送られる仕組みになっていますが、栄養が不足すると末端組織の分を内臓に集中させて身体を維持しようと働き始めます。

 

こうして栄養が届かなくなった毛髪は成長することができなくなりやがて抜け落ちてしまうのです。

 

 

このように頭頂部の薄毛にはさまざまな原因がありますが、薄毛の原因は一つではなく殆どの場合がいくつもの要因がからみ合っています。
自分の薄毛はなぜ起きたのか原因が分かれば対策も立てやすいのですが、ピンポイントで立てられる対策なら今頃薄毛の人はいませんよね。
それだけ自分のことであっても原因がわかりづらいのです。

 

 

頭頂部のつむじハゲはどうしたら改善できるか?

 

頭頂部がツルッパゲになって久しいならAGAクリニックに行くしかありませんが、気になってきたところなら育毛剤を試してみるのがおすすめです。

 

薄毛対策に効果的な育毛剤はこちら