薄毛 抜け毛 対策

薄毛による抜け毛の仕組みと対策

近年は男女問わず、抜け毛や薄毛に悩む人が増えてきています。

 

髪の毛には寿命があり、通常の健康な髪であっても伸びては抜けて、また新しく生えることを繰り返します。

 

 

これを一般的にヘアサイクルと呼びます。

 

 

ヘアサイクルは成長期、退行期、休止期にわけられていて、成長期が一番長くて2〜6年間続いています。

 

このヘアサイクルの仕組みによって、どんなに健康な髪であっても1日に50本から100本くらい髪は抜けてしまうのです。

 

そんなに抜けてもなぜ薄毛にならないのかと言えば、抜ける髪の量と生えてくる新しい髪の量のバランスがとれているからです。

 

つまり、

 

 

薄毛になってしまうのは、このヘアサイクルのバランスがとれていないことが原因と言う訳なのです。

 

 

もし健康な髪で抜け毛が多くても、次のヘアサイクルでは抜け毛の量が減って、髪の毛のバランスを自然に調節してくれます。

 

これは一時的な抜け毛で、過度なストレスや睡眠不足、栄養不足などの生活習慣の乱れからくるものです。

 

他にも病気の影響や頭皮トラブルなど様々な要因がありますが、しばらくすると通常に戻るので薄毛に繋がることはありません。

 

一方で、ヘアサイクルの中で成長期に成長するはずの髪が成長しない状態で休止期に入ってしまい、抜けてしまうのが薄毛になる抜け毛です。

 

 

進行する薄毛による抜け毛の改善方法

 

ヘアサイクルのバランスが崩れることによって増え続けてしまう抜け毛。

 

もはや、改善策を講じなければ、あなたの髪はどんどんと抜けていってしまうばかり。

 

では、この抜け毛の進行をどうしたら喰い止めることができるのか。

 

ここでは基本的な薄毛が原因による抜け毛対策を考えていきましょう。

 

 

シャンプーを改める

 

今まで使ってきたシャンプーは、何を理由に使ってきたでしょうか?

 

香りがいいから?泡立ちが抜群?乾いた後の指通りがなめらかだから?

 

抜け毛をどうにかしなければならないあなたの頭には、もはや上記のような悠長な理由でシャンプーを選んでいる場合ではありません。

 

薄毛には薄毛に効くスカルプケアを目的としたシャンプーを使うべき。

 

頭皮環境を整えることは、抜け毛防止の最たる対策なのです。

 

 

食事を改める

 

食事も抜け毛対策としては非常に大切なこと。

 

 

食を疎かにしている人は薄毛の割合が高い

 

 

私が見てきた限りでは、このことは決して過言ではないと感じています。

 

コンビニ弁当やジャンクフードなどの油っこいものを日頃から摂取しているのであれば、野菜を意識的に多くしてバランスを取ること。

 

さらに、髪の成長に有効な大豆イソフラボンや亜鉛を含む豆腐や納豆、しじみやチーズなどを積極的に食べるように心掛けましょう。

 

育毛ケアを取り入れる

 

育毛ケアといえば、先にいった育毛シャンプーや育毛剤、育毛サプリといったケア商品はたくさんあります。

 

一長一短あるにせよ、これらを使用することによって効果が期待できるのは間違いない事実。

 

しかし、効果が感じられないという人ほど育毛ケアをする準備は見落としがちです。

 

例えば、抜け毛予防と発毛促進に効果的なツボの存在はご存知でしょうか?

 

 

・頭のてっぺんにある百会

 

・手首の甲の内側にある間接の真ん中にある陽池

 

・うなじの生え際にある天柱

 

 

が効果があると言われていますが、これは血行促進の裏付けによるものなのです。

 

そのため、育毛ケアの準備としてツボ押しだけでなく頭皮のマッサージは非常に重要となります。

 

頭皮を柔らかくすればシャンプーや育毛剤の有効成分の浸透を促してくれることは言うまでもありません。

 

入念な準備によって育毛ケアの効果を最大限活かすようにしていきましょう。

 

薄毛対策に効果的な育毛剤はこちら