男性の薄毛と原因について

男性の薄毛と原因について

男性の薄毛は女性のそれと違い特徴があります。

 

男性の薄毛の場合、前頭部・頭頂部から薄くなることがほとんどでその部分だけが薄くなりがちですが、この症状はAGAと呼ばれる男性型脱毛症と深い関わりがあり、特に男性ホルモンが影響しています。

 

男性の薄毛の原因はいくつかありますが、加齢とともに最終的にはAGAに行き着くことがほとんどです。

 

男性の薄毛の原因

 

チェック 頭皮の血行不良
チェック 毛根の栄養不足
チェック 過度なストレス
チェック 男性ホルモン

 

このように男性の薄毛は頭皮の血行不良や毛根の栄養不足、ストレスなどによって薄毛のきっかけが作られ、男性ホルモンによって生成されるDHT(ジヒドロテストステロン)が薄毛を加速させると言っても過言ではありません。

 

DHTを抑制しつつ、頭皮の血行を促進させ毛根への栄養を補給していくのがベストな育毛方法と言えます。

 

 

DHT(ジヒドロテストステロン)とは?

 

DHTとは男性型脱毛症の原因と言われている悪玉ホルモンです。

 

頭皮に多く存在する男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼという還元酵素と結びつき生成され、そのパワーは通常の男性ホルモンの数十倍とも言われています。

 

このDHTが毛根に脱毛指令を送るため、毛根では新しい毛髪を作らなくなってしまうのです。

 

DHTの生成を抑制するためには5αリダクターゼを抑制する必要があります。

 

5αリダクターゼには1型と2型があり1型は皮脂腺に、2型は毛乳頭細胞に多く存在し薄毛と因果関係が深いのは2型と言われています。

 

気をつけたいのは1型と2型では抑制する成分が違うということ。
薄毛が気になるなら2型を抑制する成分を多く接種するようにしましょう。

 

 

男性の薄毛を誘発する初期症状

 

まれに若年性脱毛症のような若くして薄毛になってしまう人もいますが、基本的にはAGAは加齢とともに出現します。

 

とは言え、「まだ若いから大丈夫」なんて思っていてももしかしたらすでに薄毛を誘発する初期症状が出始めているかもしれません。

 

チェック 頭皮の血行不良

 

頭皮が血行不良に陥ると毛根へとどくべき栄養分が不足するため毛髪がやせ衰えてきます。

 

頭皮の血行不良は自分で触って判断することができるので、自身の手で頭皮を動かしてみてください。
かつらのように頭皮が動けば血行がいいと判断できますが、頭蓋骨に張り付いているような固くて動かない頭皮は血行が悪くなっています。

 

視力が悪い人や普段から目を酷使する人に多く見られるので、シャンプー時にマッサージするなどの工夫をしましょう。

 

 

チェック 毛根の栄養不足

 

毛根の栄養不足には頭皮の血行不良によって引き起こされる場合と、そもそも摂取している栄養分が不足して起こる場合の2種類が存在します。

 

頭皮の血行はいいのに髪が痩せてきた場合は日々の食事からの栄養分が不足している状態。
これは危険信号で食事からの栄養分が不足して髪に変化が起きているということは、人間が摂取すべき栄養分の量に摂取量が届いていないということです。

 

髪が痩せてきたと感じたらまずは日々の食生活を振り返ってみましょう。

 

食生活をどうしても改善できない場合は育毛サプリメントなどで補うのもいいでしょう。

 

薄毛対策に効果的な育毛剤はこちら