ハゲない 頭皮

ハゲない人とハゲる人は頭皮ケアの違いが大きい

ハゲない人は頭皮が清潔で柔らかく、毛穴もきれいで毛根がしっかりしているのが特徴です。

 

触った時に指に適度な皮脂が付き、頭皮を動かすと柔軟に動くのがハゲない人の頭皮の状態です。

 

そのため髪につやとコシがあって髪の量が多く、密度が高いです。

 

このように頭皮が柔らかいということは日頃からのケアが適切に行われている証とも言えます。

 

例えば、シャンプー1つとってみても、

 

シャンプーの泡の量、マッサージの強さ、指の動き

 

全体をまんべんなく、頭のてっぺんに向かって押し上げていくのがマッサージの基本で、毛穴の汚れが押し出されて綺麗になります。

 

こうした事が適切に行われていなければ、頭皮の柔らかさを維持していく効果は期待できません。

 

往々にして、ハゲない人はこうした頭皮ケアを無意識レベルで行っている所にあるのです。

 

よくハゲは遺伝すると言われますが、遺伝が全てのハゲの原因ではないという事は、広く認識されるようになりました。

 

しかし、こうした無意識レベルの行動は、ある意味、遺伝的要素が受け継がれているといっても過言ではないと私は思います。

 

逆に、ハゲる人は頭皮が全体的に油っぽく、ベタっとしています。

 

また、顔もオイリー肌で頭皮と同じく皮脂が多い方に見られる傾向にあるとも言われています。

 

毛穴は皮脂が固まることによって詰まってしまってしまうため、毛根はその毛穴の汚れのせいで栄養を吸収できず成長することができなくなってしまうのです。

 

毛根が大きくなれないと、髪へ栄養を送ることができずに髪は細くなります。

 

また、毛根がしっかりしていないので、抜けやすく、正常な髪の周期よりも早く抜けてしまうことが多くなってしまうのです。

 

このようにならないためにも毛穴を清潔に保っていかなければいけないことはお分かり頂けると思いますが、ハゲる人は頭皮が硬いことで、毛穴の収縮ができない状態のため、もはやシャンプーをしても毛穴の汚れを完全に出すことができません。

 

今のあなたの毛穴の状態がどうなっているかは自分では見ることができませんが、薄毛の進行が気になっている方は、一度クリニックを診察して頭皮の状態を見るのも決して損にはなりません。

 

なぜなら、頭皮の状態は変えることができるからです。

 

ただし、ハゲない人が無意識レベルで長年積み重ねてきた行動を、あなたは意識的に行わなければなりません。

 

シャンプーのやり方しかり、血中脂質が多すぎないことに注意し、体質をサラサラにするように心掛けるなど、ハゲない髪質を作り、毎日の育毛を続けるためには、あなたの頭皮がひどい状態であるという自覚が肝心。

 

その上でできるだけ早期改善をしていくことが、あなたの髪を守っていくためには必要なのです。

 

薄毛対策に効果的な育毛剤はこちら