薄毛 対策 早め

あなたのヘアサイクルは限りがある!

お肌に敏感肌や乾燥肌があるように、毛髪や頭皮にも人によって様々なタイプがあることを知っていますか?

 

髪に関する悩みは男女問わずありますよね。

 

例えば、女性は、髪のツヤがなくなってきたり、ごわごわした手触りになってきたり、年齢とともに髪質が変化してきます。

 

また、出産を経て髪質が変わった、という方も多いようです。

 

ただ圧倒的に髪の毛の悩みは男性が多いです。

 

近年、男性型脱毛症(AGA)とよばれる男性の薄毛に関する治療が注目されていますが、その人の髪質や薄毛のタイプなどによって必ずしも治るとは限らないと言われているからなんですね。

 

ましてや薄毛になってから治療をがんばっても、元のふさふさの髪に戻るのはとても難しいことです。

 

 

そのため、20代の内からAGA発症の予防を心がけることが大切なのです。

 

 

薄毛ケアに早すぎるということはありません。

 

薄毛が進んで頭皮が気になり始めてからでは、治療にも時間がかかりますし、頭皮ケアは一朝一夕で改善されるものではありません。

 

早い段階から薄毛ケアをすることは、初期段階のAGAの進行を防ぐことにもつながるので、とにもかくにも早めにスタートさせることが薄毛対策には必要不可欠なのです。

 

早めの薄毛ケアが必要な理由

 

早期の薄毛ケアが必要な最たる理由は毛母細胞の分裂回数です。

 

髪を作り出す毛母細胞はヘアサイクルと呼ばれる細胞分裂を繰り返していますが、

 

 

一度のヘアサイクルは最短で2年、長ければ6年

 

 

といわれています。

 

そして、細胞分裂の常識から考えると、ヘアサイクルは40回〜50回が限度と言われています。

 

つまり、年齢を重ねるごとにヘアサイクルの残り回数が減ってきます。

 

つまり、正常なヘアサイクルを繰り返すことができる毛母細胞の力が残っている若いうちから地道に薄毛ケアを続けることが、将来の薄毛予防につながるのです。

 

また、薄毛には男性ホルモンの量も大きくかかわってきます。

 

男性ホルモンの分泌が活発な、20代・30代の頃は薄毛ケアのゴールデンエイジともいえます。

 

「鏡を見て薄毛が心配だな」、そう思ったあなたは今すぐに適切な育毛ケアをはじめていきましょう。

 

薄毛対策に効果的な育毛剤はこちら