30代 薄毛 対策

30代で薄毛を感じはじめたとしても対策に遅すぎることはない!

30代は老化が始まってくる年齢とも言える年代に入ってきます。

 

ちょうど男性ホルモンも多く分泌され、匂いも加齢臭が気になりはじめるのも30代に差し掛かった頃の悩みではないでしょうか。

 

中でも、特に髪の毛というものは年齢を左右するものだと言っても過言ではありません。

 

自分の抜けた毛をチェックしてみるとよく分かると思いますが、薄毛の特徴の1つとして髪の毛1本1本が細くなっていく兆候が見られます。

 

髪が細くなると、徐々に地肌の肌色が黒い髪の毛の間から見えるようになってきます。これが目に見える薄毛の進行状態と言うわけですね。

 

また、薄くなってくる場所も人それぞれで、おでこからの人もいれば、つむじを中心に薄くなる人、まばらに薄くなる人もいます。

 

当然ながら毛が弱くなっているため、毛を引っ張ると途中で毛が切れたりすることもありますが、これもまた30代になると如実に現れてくる変化と言えるでしょう。

 

これは男性ホルモンによって頭皮の油の分泌が過剰になり、毛穴が詰まってしまい、十分な栄養が髪に送られにくくなってくることが原因となっているのです。

 

この状態を放置していけば、完全に毛穴から毛が生えてこないという自体となるわけです。

 

では、こうした薄毛に対して私たちはどのような対策を取っていけばいいのか。

 

私が実際に取り組んだのは、まず育毛シャンプーへと切り替えることからでした。

 

髪を増やすと言うよりは、頭皮の汚れを落とすことを目的としましたが、使う前と後ではすぐに変化を感じることができました。

 

次に髪の成長を目的とする育毛剤を使用すること。

 

この対策を講じて約半年を過ぎた頃から、柔らかくなっていた髪の毛が強くなった様に感じ、髪にボリュームが出ることを実感しはじめました。

 

薄毛の変化は何も対策をしないと進む一方なので、やれることはやったほうが良いと実感しました。

 

はっきり言って、薄毛でいいことはないです。髪の毛があれば、おしゃれも楽しめますし、老けて見られることも無いのです。

 

やはり髪の毛ひとつで、老けてみられることがたくさんあり、嫌な思いも何度も経験しました。

 

しかし、育毛ケアを取り入れたことによって明らかに変化が見られるようになったため、中断することなく継続をしています。

 

30代で薄毛を諦めるには早すぎる年代だと思いますので、できるだけお金をかけずに薄毛を進行させない対策を取り入れることからはじめるのがベストです。

 

若いうちから薄毛というのは遺伝が関係していると言われますが、何もしなければ、ただだまって薄毛の進行に一喜一憂する生活を送るだけ。

 

であれば、小さな変化でも前向きになれるような薄毛対策をしていくのが精神的にも良いことなのではないでしょうか?

 

薄毛対策に効果的な育毛剤はこちら