20代男性専門職の柑気楼の使用体験

20代男性専門職の柑気楼の使用体験

 

スーパー若ハゲマンさん(20代・男性)

 

職業:専門職

 

気になる薄毛の部位:頭頂部・M字

 

使用した育毛剤:柑気楼

 

その育毛剤を知ったきっかけ:インターネット

 

使用期間:6ヶ月

 

スーパー若ハゲマンさんが育毛剤を使おうと思ったきっかけ

 

18才の頃、なんの気なしに鏡をみると、逆立てているわけでもなく、分けめを作っているわけでもないのに頭頂部が透けてみえるようになっていました。

 

髪は元々薄いほうでしたが、これはショックでした・・・

 

合わせ鏡をしてつむじをみてみると、明らかに以前より薄くなっていることが発覚しました。

 

生え際(M字ライン)も、徐々に後退してきているような気がして、実際、指をおでこに当ててみると4.5本分くらいのスペースがあったので、後退してきていたんだと思います。

 

この日から育毛を誓いました。

 

 

 

 

柑気楼を使おうと思った理由

 

育毛剤というと科学薬品を使っているイメージが強かったので、抵抗がありました。

 

そんななか柑気楼は、 「青みかん」「ゆず」「だいだい」といった柑橘類が主成分だったので、安心して使い始めることができました。

 

又、副作用がなく、育毛だけでなくて頭皮環境の正常化(フケ、かゆみ等)にもつながるということでしたので、フケに悩んでいた僕には一石二鳥でした。

 

「少し高いな」と思いましたが、1本で意外と長持ちします。

 

 

 

柑気楼を使ってみた使用感・効果について

 

ボトルはガラスでできていて、とてもしっかりしていると感じました。

 

スプレーノズル式で、頭皮に直接プッシュすることが可能です。

 

使用頻度はお風呂上がりに髪を乾かしてから1回と、朝の整髪前に1回、頭皮にもみ込みます。

 

匂いは柑橘系で、スースーする感覚等はとくにないです。

 

自然ないい香りだと思います。

 

朝の整髪前にも使用していたので、柑気楼が頭皮に残っている状態で髪をセットしていましたが、髪がヘタってしまったり、髪どうしが固まってしまったり、匂いがキツかったりといったことは一切なかったです。

 

とても使いやすいと思います。

 

最初の1ヶ月間はとくに変化を感じませんでしたが、使用感が気持ちよく気に入っていたので毎日続けました。

 

2ヶ月目に突入した頃、今まで頭を掻くたびに頭皮からパラパラと粉状に出ていたフケが出なくなっていることに気づきました。

 

髪の量は変わっていませんでしたが、あきらかに頭皮の環境が良くなっていると感じました。

 

3ヶ月目は現状維持でした。

 

4ヶ月目のある日のこと、当時一緒に暮らしていた母から、「あれ?なんか髪質変わった?」と言われました。

 

自分では気づいていなかったのですが、アホ毛が減ったと指摘されました。

 

そういえば確かに、最近朝の整髪にかかる時間が減ったことに気づきました。

 

6ヶ月目になると、明らかに髪にハリとボリュームが戻ってきていました。

 

特に変化が激しかったのは頭頂部です。

 

今までお風呂上がり等に髪が濡れるとスケスケになっていたのに、そんなに透けなくなりました。

 

 

 

 

 

 

スーパー若ハゲマンさんが感じた育毛剤選びのポイント

 

柑気楼は高価なことが難点です。

 

もう少し安ければ使い続けたのですが、、

 

育毛剤の購入は自分に合った商品を選ぶことが大事です。

 

髪をはやしたいのか、髪を増やしたいのか、脱毛予防がしたいのか、軽い薄毛なのか、ほぼ完全に毛がないのか。

 

現状や目的によって使う育毛剤が変わってきます。

 

はやしたい、増やしたいのであれば、ミノキシジル配合の強力なものが良いでしょうし、現状維持、頭皮の正常化が目的であれば柑気楼のような自然派のモノが合っていると思います。

 

尚、併用には注意が必要です。

 

商品の注意書きをよく読みましょう。

 

 

薄毛対策に効果的な育毛剤はこちら