薄毛 対策 食事

薄毛対策として心がけたい食事

薄毛予防の食事では、栄養の代謝を助ける栄養を中心に摂取しながら、全体的な品目も増やすことが大切です。
数あるミネラル成分の中では、亜鉛は髪の毛の生育に大きな影響を与えるため、食事では意識的に摂取していきましょう。

 

ビタミン類では、血流促進を促して老化を抑制させる機能を持ったビタミンEを摂取します。
さらに、頭皮の健康を考える場合には、緑黄色野菜からはビタミンAも摂取したいところです。

 

薄毛予防の食事で亜鉛を増やすためには、主菜には肉類や魚類を選びながら、副菜には海藻類を加える工夫が必要です。
味噌汁にはアサリやシジミなどの貝類を入れると、亜鉛の量が大幅に増えることになります。
味噌には多種多彩な栄養が含まれ、醸されていることで消化吸収にも優れることから、味噌汁を食事に加えることは薄毛予防のためにも役立ちます。

 

亜鉛はビタミンCと一緒にすると吸収率が高まりますから、牛肉の煮物にはジャガイモやサトイモを加えれば、絶妙なバランスになります。
生牡蠣にはレモンの絞り汁をかける方法についても、薄毛予防の食事としては特に優れています。

 

副菜としては納豆や昆布の佃煮などを加える場合にも、薄毛予防の食事にとっては理想的な形になります。

 

薄毛予防の食事では、足りないと考えられる栄養を吸収する一方で、不要なものは除去することも大切です。
発汗を促して新陳代謝を高めるために、生姜や唐辛子も適度に使うと効果的です。

 

さらに、食物繊維も増やすことによって、余計な老廃物を除去しやすくなります。

 

 

薄毛対策に効果的な育毛剤はこちら